モロッコでのボランティア募集!

ボランティア募集
場所モロッコのある小さな町
期間8月後半から9月中旬の中で、自分の好きな日数
内容私のモロッコ人の友人が運営するNGOの手伝い。小学生から中学生くらいまでの子供たちの前で、自分の経験を話したり、日本語やそろばんを教えること。
費用日本からモロッコまでの渡航費のみ
どなたでも応募頂けます。詳しい詳細など知りたい方はtomomi.19972012@gmail.comまで連絡下さい!

今年の夏に、モロッコでボランティアをしてくれる人を募集しています。
私が今年の春にモロッコを訪れ、たまたま仲良くなったオマル先生が運営しているNGOでボランティアをしてくれる人を募集しています。
オマル先生は小学校の先生でとてもいい人です。

DSC_1036.JPG

私自身もその町に2週間ほど滞在し、ボランティア活動をしました。
なぜオマル先生がNGOを立ち上げたかというと、モロッコでは法律上16歳からしか働くことができないにも関わらず、その町が貧しいために多くの子供たちが13歳から働き始めていました。
貧しいために教育を受けられずに働くという負のスパイラルを断ち切るためにNGOを設立しました
日本でいう小学校から中学校に上がる際に多くの子供たちが、勉強することを止めていたので、小学生を対象としています。

DSC_1099.JPG

また、そのNGOで育った中学生などもNGOを手伝うために一緒に授業を受けています。
なぜ日本人ボランティアを求めているのかというと、初期の頃、あまり子供たちがNGOに来てくれませんでした。悩んだオマル先生は、楽しく勉強できる方法を探しました。
そこで、日本のそろばんに出会いました。そろばんをNGOに導入してから、子供たちが飛躍的に増えました。
そろばんは遊び感覚で算数を勉強することができるので、子供たちに大人気です。

DSC_1135.JPG

そろばんを知ってからオマル先生は、日本の文化に興味を持ち、日本人に子供たちの前で日本のことや自分の体験などを話してもらいたいと思い、私に日本人をこの町に呼んで欲しいとお願いしてきました。
ボランティアをする際に、参加者からお金を貰うNGOやNPOがありますが、ここは違います。
オマル先生は、そういったことは間違っていると考えており、一切の金銭を受け取りません。
また、町に滞在中は、現地の人の家に無料で泊めてもらえます。そして、3食無料で美味しいモロッコ料理をご馳走してくれます。

DSC_0856.JPG
モロッコの代表的料理タージン

このボランティアで必要な費用は、日本からモロッコへの往復の航空券のみです。
イスラム教国の一般家庭で生活することができるのは、かなり貴重な経験だと思います。
そして、地元の人しか知らないとても美しい場所へ連れて行ってくれます。

DSC_0980.JPG
DSC_0965.JPG

モロッコの治安が心配な方もいると思います。下記が外務省による安全情報です。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_124.html#ad-image-0
警戒レベルは1です今のご時世どこでテロが起こるかはわからないので、安全だと断言することはできません。
この町は観光地ではないので、比較的にテロの標的にはなりにくいと思います。
また、アラビア語や英語を話すことができなくても心配ありません。
アニメで日本語を勉強した13歳の少年が通訳をしてくれます。私も滞在中は皆さんの事を全力でサポートします。

ボランティアをしたことがない方、海外に行ったことがない方、イスラム教やアラブの文化に興味がある方、この夏何かしたいなと思っている方。やる気さえあれば、どんな方でも大歓迎です。
興味がある方は是非一度私に連絡してみてください。たくさんのご応募お待ちしています!


この記事へのコメント